• TOP
  • 理念・概要
  • 園の紹介
  • クラス便り
  • 延長保育
  • 0〜2歳児クラス
  • 2〜3歳児クラス
  • 満3歳児クラス

クラス便り

年長②

★絵本『ももいろのきりん』『もりのへなそうる』

クラスで『ももいろのきりん』『もりのへなそうる』の絵本を読みました。毎日「明日はどんなお話だろう。」と楽しみにしていた子どもたち。絵本を読み終え2人組でどちらの絵本にするか選び、1枚の画用紙にクレヨンで絵を描きました。「たがも(たまご)からへなそうるが生まれたところにしようよ!」「キリカとるるこちゃんが家で遊んでいるところがいいな。」と2人でお気に入りの場面を話し、「僕は木を描くから、〇〇ちゃんはたまごを描いてくれる?」などと描く場所を分担しながら描いていく姿が見られました。「キリカとるるこちゃんがコマを回して遊んでいるよ。」「たまごからへなそうるの頭が少し出てきたところだよ。」と描いていく中で自分たちでお話を作り、素敵な絵が出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

★恐竜のたまごづくり

恐竜の図鑑を見たり、折り紙でティラノサウルスを折ったり少しずつ恐竜に興味が出てきました。恐竜のたまごをどうやって作ろうか子どもたちに聞くと、「ボールを使うのはどうだろう?」「風船の形に似ているから風船を使おう!」と一緒に考えてくれました。4~5人のグループで協力して風船に新聞紙、障子紙をのりで貼り付けます。風船が少しずつ白くなると「本物のたまごみたい!」と楽しそうに貼っていました。はやく完成したグループの子が「他のグループの手伝いするね。」と言い貼り付けを手伝う姿もありました。張り子を乾かしてから何の恐竜のたまごにするのかを話し、絵の具で色を塗りました。絵の具を混ぜて色を作ったり、水玉の模様になるように筆を何度も押し当てたり、グループで考えながら思い思いに色をつけていきました。「たまごが割れたところ。」と言いながらギザギザの線を描いたり、「まっすぐの線を描きたい。」「水玉にしたい。」と2つの意見を取り入れながら模様をつけたりして、恐竜のたまごが完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

★水遊び

だんだん暑い日も多くなり、今日はみんなで砂場で水遊びを行いました。「川を作ろう」などと言い砂場に穴を掘り、水を入れては「冷たい!」「足を入れると気持ちいいよ。」と砂と水の感触を楽しんでいました。「またやりたい!」「次はいつ水遊びするの?」と遊び終えた後も次の水遊びを楽しみにしている子どもたちが多かったため、暑い日にはまたみんなで水を使った遊びを取り入れたいと思います。

 

令和6年度 年中④

晴れた日や雨が降る日、天気の移り変わりが多い季節です。最近 子どもたちはクラスに慣れ、友達と会話をし、発見や思いを共有しながら遊ぶ姿が見られるようになってきました。また大人数で鬼ごっこをするなどルールを確認しながら集団遊びにも少しずつ挑戦しています。

 

 

 

 

 

◆水遊び

天気が良いと暑い日も増え、水遊びがスタート。「幼稚園の砂場には宝物が埋まっているかもしれない・・・。」「砂場の底ってあるのかな?」「大きな落とし穴を作っちゃおう!」とまずは深ーい穴づくり。担任も大きなスコップを持ち出してみんなで汗びっしょりになって掘り進めます。「ぼくは中に入って穴を深くするね。」「わたしはこっちから穴を広くするね。」掘った土を集めると大きなお山が!「富士山みたい!しっかり押して固めよう!」「白砂を持ってきて雪を降らせよう!」と穴掘り隊と山づくり隊に分かれます。深い穴が出来上がると「バケツで水を汲んでくる!誰か手伝って!」と水汲み隊も出てきます。それぞれが役割を見つけ、工夫したり、自然と協力して水遊び~どろんこ遊びを楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆製作『てるてる坊主』

外遊びや水遊びが大好きな子どもたち。外遊びができるよう『てるてる坊主』を作りました。

四角い紙から少しずつ角を落として丸を切ることに挑戦。「ここがまだちくちくしている…。」確認しながら少しずつ切り落として丸い顔の台紙が出来上がり。クレパスで顔を描きました。てるてる坊主の洋服はコーヒーフィルターにカラーペンで模様を描き、雨(水)をつけると・・・カラーペンの色がじんわり広がります。面白さ、不思議さを感じながら楽しんで作り上げました。雨の日に窓の前に飾ると本当に雨が止み、「先生、てるてる坊主のおかげだね!」と嬉しそうな子どもたちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆製作『おひさまフリスビー』

牛乳パックに切り込みを入れて広げるとおひさま型のフリスビーが完成。油性ペンで模様を描き、原っぱのお山の上から投げるとクルクル回り「面白い!もう一回!」「僕のが一番遠くまで飛んだ!」「みんなでせーので飛ばそう!」と大興奮で何度も山に登り飛ばしていました。遊んだ後、ファミリーデーの製作として持ち帰ります。お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆製作『かたつむり時計』

「時計の針が〇(数字)になったらお片付けにしましょう。」「時計の針が〇(数字)になったらごちそうさまをしますよ。」と時計を見て行動することを生活の中で取り組んでいます。『とけいのうた』を歌ったり、『時の記念日』も近づき、絵本を読んだりと、子どもたちも少しずつ時計に興味が湧いてきました。線の上を切り、丸を切って時計作り。土台はカタツムリ。表情豊かなかわいい『かたつむり時計』ができました。持ち帰りましたらお家でも時間の目安にご活用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆製作『ゲコゲコカエル』

実習生と一緒に曲がるストローと紙コップで「ゲコゲコ」と鳴るカエルを作った子どもたち。『かえるのうた』に合わせてみんなで鳴らすと楽しそうに笑顔いっぱいな子どもたちでした。その日のうちにこっそり持ち帰ろうとするくらいお気に入り。持ち帰りが楽しみですね♪

 

 

 

 

 

◆当番活動

お当番活動が始まりました。朝の会や帰りの会、お昼の号令をかけるお仕事をしています。自分の名前や今日の出来事を発表することにも挑戦しております。

 

 

 

 

◆小さな生き物

いちご組、ぶどう組で飼育しているアゲハ蝶の幼虫がさなぎになりました。毎日観察し、ちょうちょになる日を楽しみにしている子どもたちです。

 

令和6年度 年中③

体操参観ご参加ありがとうございました。

楽しく覚えた『かえるの体操(🎵佐藤弘道&たにぞう)』のダンス、体操で取り組んでいるサーキットを発表し、はじめてのバルーンを親子で参加していただきました。

子どもたちは初めてのバルーンが楽しかった様子で次の体操も楽しみにしています。照れたり、おうちの人にいい所を見せようと一生懸命取り組む姿が可愛かったですね。

 

 

 

 

 

◆窓壁面飾り『にじいろのさかな』

絵本『にじいろのさかな』を読み、『にじいろのさかな』の製作を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折り紙をちぎって貼るちぎり絵で鱗を作ったのですが、部屋がしーんと静かになるほど集中して細かくちぎり、「手がべたべたになる~!」と苦戦しながらも丁寧に貼っていました。一人ひとり個性豊かな『にじいろのさかな』ができました。保育室の窓に飾っています。ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

◆『ぐるぐるへび』

ぐるぐるに渦を巻いたへびのイラストを色塗り。線の上を切りました。

紙を動かして切る練習なのですが “びよ~ん” と伸びる完成形を知っている子どもたちは楽しみに一生懸命切り進めました。紙を動かして切ること、チョッキンと一回切りから続けて切ることが自然とできていました。保育室に飾ると朝登園し、「うわ~!」と嬉しそうに眺めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週は暑い日が続きそうです。熱中症に気を付けて、水分補給をしながら少しずつ水遊びも始めていきたいと思います。

中性洗剤の空きボトル、ケチャップの容器(※マヨネーズ✖)、引き続き牛乳パックを集めています。ご協力よろしくお願い致します。

 

年長➀

年長さくら組になり1か月がたちました。

外では友だちを誘ってドッヂボールやリレーを楽しむ子どもたち。「1組と2組でドッヂボール大会をしようよ!」と言い、挑戦状を描いて渡しに行く子どもたちもいます。手を伸ばし、顔の横からねらいを定めてボールを投げられるようになってきました。

また、リレーをする子どもたちも増えてきました。始めは誰に渡すのか、ゴールはどこなのかルールが曖昧なところがありましたが、「赤チームの人は後ろに並んでね。」「帽子の色も分けた方が分かりやすいよね。」と自分たちでチーム分けをしたり、「最後の人がここにきたらゴールだよ。」と足で線を引いたりしてリレーが少しずつ形になってきました。これから運動会が楽しみです。

 

 

 

 

 

先週10日には2回目のサイエンスがありました。「次のサイエンスはいつだろう。」と楽しみにしていた子どもたち。空気を入れてそのまま飛ばすよりも、重りや羽をつけることで回転しながら飛ぶようになった回転ロケットに「僕のはすごく遠くまで飛んだよ!」「私のはくるくる回っていたよ。」と嬉しそうに話をしていました。「遠くまで飛んだ!」で終わりではなく、「どうして遠くまで飛んだのかな?」とよく考え、手をあげて発表する子どもたちの姿が多く見られました。

 

 

 

 

4月に植えた野菜に水やり当番が水をあげたり、「大きくなあれ!」とみんなで野菜に声を掛けたりしています。毎日お世話したことでナスやピーマン、トマトから花が咲いてきました。ミニレタスやかぶも「葉っぱが出てきたよ!」と嬉しそうに報告する子どもたち。今日は成長した野菜を観察して絵を描きました。「葉っぱは丸いかな?ぎざぎざしているかな?」「花はどんな色かな?」と野菜に顔を近づけてじっくりと観察をしていました。葉っぱを触りながら「ふさふさしている!」「つるつるの葉っぱだね。」と友だちと話しながら気がついたことも自分たちで書きました。また大きくなってから観察して絵や気付いたことを表現していきたいと思います。

令和6年度 年中②

今週日曜日は、母の日。

母の日製作の様子をお知らせします。

探検をした際、幼稚園のいたるところに咲いていたたんぽぽの花。

 

 

 

 

 

 

 

身近であり、摘んで嬉しそうに持ち帰る様子が印象的だったので、今回は『たんぽぽ』を折り紙で作りました。

まずは折り紙を“半分”を繰り返し、細く細く折った後広げ、

線の上をハサミで切っていきます。チョキンと1回切りから線の上を続けて切れるように挑戦しました。

 

 

 

 

 

切り終わったらくるっと丸めて、丸の形の画用紙に糊付け。

“アリさんのごはんくらい”のちょこっとの糊で貼り付けました。

 

 

 

 

 

茎や飾りも端まで糊を伸ばしてつけて・・・

『おかあさん』の歌を歌いながらおかあさんの顔を描きました。

 

 

 

 

 

 

とっても可愛いプレゼントが完成しました。楽しみに完成したプレゼントをラッピングする姿、持ち帰る当日まで「ママに秘密でサプライズにする!」とわくわくしている様子がとっても可愛かったです。

今週木曜日に持ち帰りました。

おうちでの連絡帳入れ、お手紙入れにご活用ください。

 

 

 

 

せっかく替えの下着をお着替え袋に入れて頂いたのに今週は雨の日が多く・・・

室内遊びを楽しんだり、一人ひとりはさみで色々な線を切ることに挑戦しました。

『海の波、なみ線を切ってみよう』『山のジグザグ線を切ってみよう』『ビルの凸凹を切ってみよう』

苦戦しつつ紙を動かしながら切る練習ができました。

練習をして扱いが上手になったら個人持ち(お道具箱で管理)にしていきたいと思います。

のり、はさみの扱い、座り方・・・一つひとつ確認、見直し中です。

 

クラス便り
  • 年少
  • 年中
  • 年長
  • 満3歳児・未就園
  • クラス便り
  • 未就園児クラスちゅうりっぷ
  • 未就園児クラスぴよぴよ
  • 未就園児クラスどんぐり
  • 入園説明会
  • 募集要項
このページのトップに戻る