• TOP
  • 理念・概要
  • 園の紹介
  • クラス便り
  • 延長保育
  • 0〜2歳児クラス
  • 2〜3歳児クラス
  • 満3歳児クラス

クラス便り

年中②

今週はリズム遊び。『おもちゃのチャチャチャ』『さんぽ』『ピクニック』など子ども達の慣れ親しんでいる歌に合わせてカスタネットを楽しみました♪どうしたら大きな音がでるかな?小さな音になるかな?考えながら楽しむことができました!

 

 

木曜日は雨。保育室で『椅子取りゲーム』『何でもバスケット』『無人島ゲーム』など様々なゲーム三昧でした♪椅子を取られまいと必死な子どもたちでしたが外遊びが十分にできなかった分、お部屋の中で元気いっぱい楽しみました!

 

 

 

 

週末の今日はとても良い天気だったのでみんなでおひさま集会を行いました♪年長さんが前でお手本になりながらダンスを踊ってくれました。お兄さんお姉さんの上手なダンスを見て真似しながら元気いっぱいに踊りました!

 

先日行った交通安全教室。年少さんのお手本になれるようにとやる気満々で出発!年少さんと手をつないで青信号になったら『右よし!左よし!』と確認して手をあげて渡る練習をしました。ご家庭でも横断歩道の渡り方、道路で遊ばないなど交通ルールの確認をお願い致します。

年長⑤

今週月曜日は交通安全教室。

信号や映像を使って交通安全について学びました。

先生の「年長さんだから教えてもらうのではなくて確認だよ。」という言葉からか質問に食い気味で答える子どもたちにおまわりさんもタジタジ。よくわかっていましたね。

 

 

 

「右よし!左よし!右よし!渡ります!」元気いっぱいできました。

 

 

 

 

 

 

次の日も先生が描いた横断歩道に緑、黄色、赤のコーンを使って交通安全ごっこをした子どもたち。

 

 

 

 

 

「赤でーす!止まってくださーい!」

「緑です!気を付けて渡って下さい!」

「黄色です!もうすぐ赤になるので止まりましょう!」とよく理解できていました。

 

 

 

少しずつ大きく育ってきた野菜。ジャガイモ、トマト、ナス、ピーマン。それぞれの野菜につぼみや花が見られたので初めての観察画に挑戦しました。

スケッチブックと鉛筆を持って夢中でスケッチ。

「葉っぱに細い線があるよ!」

「ジャガイモは葉っぱがいっぱいだね。」

「ナスは茎も葉っぱも紫色だ!」

「トマトの花は黄色だね。かわいい。」

「ピーマンの花は白いよ。」「枝豆は葉っぱの形が丸いよ。」

「かぼちゃの茎にふわふわの毛が生えてる!」「オクラの芽が出てきた!かわいいね。」

たくさんの発見がありましたね。

 

 

自画像に挑戦。

〇〇くんの顔は丸いね。ぼくは細長い。

目は丸じゃないね。端が尖ってレモンみたい。

まつ毛は上だけじゃなくて下にも生えているね。

鼻はまっすぐからぷくっと。鼻の穴もあるよ。

眉毛や耳の穴も忘れずに。

 

 

 

 

「わたし最近歯が抜けたんだ。」友だちと顔を見つめ合ったり、鏡を覗き込んだり…

こげ茶のクレパスを使って丁寧に描きました。

なんだかそれぞれ似ている…

保育室の窓に飾ります。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらがなワークを使ってひらがなの練習中。

まずは鉛筆の持ち方、姿勢から。

おうちでも興味を持って取り組む際には、書き順だけ間違えて覚えないように気を付けてください。

 

 

今月25日は、初めてのお茶の稽古。

さくら1組が睡足軒に行く予定です。

同日、さくら2組も園内でお茶の稽古をします。

ふくさ、ふくさを入れる巾着、白靴下。

そろそろ準備を。当日に持たせてください。暑い日はブレザーはいりません。

 

年長④

GW明け、登園するとお部屋の前の朝顔がたくさんの芽を出していました。

「いつのまにこんなに出てたんだろう」「もっとお水をあげよう」

「何色の花が咲くかな~」と子どもたちもわくわく。

より一層張り切って観察やお世話をしています。

 

 

 

 

 

 

 

今週はいつもお世話になっているひとにありがとうのプレゼントをしようということで

フォトスタンド製作をしました。

端切れを集め、段ボールのスタンドにペタペタ。

色のバランスを見ながら貼ったり、「全部貼るー!」と色々な柄を組み合わせたり

「あ!これ〇〇くんの絵本袋の布だ」と気付いたりしながら作りました。

中の台紙には名前をフルネームで書き、

自信満々に自分の名前を書く子や、書き順に悩む子・まだ字を書くことが不安な子は先生と一緒に書きました。

今後、名前を書く機会が増えていくので今回をきっかけに練習していきたいと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金曜日は2回目のサイエンスプログラム。

今回のテーマは『音遊びを楽しもう』。

動物の鳴き声や海の音を、道具を使って音を出して遊びました。

どうして音がでるのかを考える姿もあり、楽しみながら取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

端切れのご協力ありがとうございました!

本日フォトスタンドを持ち帰りました。

ぜひ写真を入れて飾ってください♪

 

 

 

年長③

今週はグループ合作『大きな鯉のぼりづくり』。

新しいクラスでの友だち関係の広がり、自分の思いを伝え相手の思いを聞く話し合い、色々な材料の中から選び工夫することを目的に取り組みました。

 

まずは①グループの人数分の画用紙を相談して好きな形に貼り合わせる。

「ながーくしようよ!」「大きくしたい!」「こうかな?こうする?」話し合いながら形を決めます。

 

 

 

 

②尾ひれの形を切る。

「誰が切る?切りたい人!」「ジャンケンで決めよう!」「わたしこっちから切るから〇〇くんそっちから切って。」

 

 

③材料を相談して選び、工夫して貼り付けていく。

「リボン付けていい?」「折り紙持ってきたよ!」「これ使えるかな?」「それいいね!」

 

 

 

 

 

「のり持ってくるね!」「のりじゃつかない、セロテープだ!」「ボンドもあったよ!」

 

 

自分の思いだけでなく相手の思いに気づき、話し合い、工夫して、グループ毎に楽しい鯉のぼりが完成しました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週金曜日は初めてのサイエンスプログラム。

今回のテーマは『みんなの目は不思議』。初めてのかがくあそびの時間に興奮しながらも話を聞き、夢中で取り組む姿がありました。内容は持ち帰ったプリントでご確認下さい。また次回が楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

月曜日は、4月生まれの誕生会。

誕生日を迎える友だちをクラスみんなで注目し、心からお祝いしようの意図から、4月生まれの子どもたち一人ひとりの良いところをクラスみんなに聞いて発表しました。

4月生まれの子どもたちは照れながらもとっても嬉しそうに聞き、担任もよく見ているなと感じたり、新しい一面を知ることができました。

 

ホールを輪飾りを作って飾り付け。プレゼントはみんなが一生懸命作ったペンダントと好きな〇〇がたくさん詰まった誕生本。司会は5,6月生まれの子どもたちが行いました。司会の子どもたちはカンペを見ずにマイクで堂々と話すことができていましたよ!ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

年長最初の月をはりきって活動に取り組み、駆け抜けた子どもたち。そろそろ疲れも出る頃です。GW、感染症に気をつけながらゆっくり休んで下さいね。また元気に会いましょう!

4月 年少

初めて制服を着た子どもたち、おうちの人と一緒に登園!

どの子も、おうちの人と手をつないで、わくわくしたような、少し緊張したような顔をして

お部屋に入ってきていました。

初めてのお友だちと初めての支度、自分のマークを見つけながら進めています。

4月も後半、1人でも進められるようになり、ボタンのつけ外しも頑張っています。

 

歩こう♪歩こう♪私は元気~♪

探検バックを持って原っぱに!シロツメクサ・カラスノエンドウ・ぺんぺん草

たくさん見つけました。

石や砂を入れない約束を守りながら、お家へのお土産にしています。

鬼ごっこも大好きな子どもたち、「わー」「きゃー」と言いながら逃げています。

そんなかけっこの様子を絵にしました。クレヨンで思い切り“ぐるぐるぐるー”と

走ったところを描きました。

 

 

🍅野菜を植えました!

ミニトマトの“アイコちゃん”とはつか大根!!

種を1粒大事に持って優しくまいていました。収穫できる日が楽しみですね!

 

子どもの日に向けて作ったこいのぼり、歌いながら作りました

大きいこいのぼりはおとうさん…クラスで1つ作りました

1つはマーブリングで鱗の模様を。どんな模様が出来上がるのか机を囲みながら楽しみました。

裏には紙テープで作ったリボンの鱗。1つ1つ丁寧にねじっていました

小さい鯉のぼりは子どもたち…お家へ持ち帰りました。

クレヨンで本物の鯉のぼりを見ながら模様を描きました

年長さんに折ってもらった兜も、大事に絵本袋にしまっていました。

 

クラス便り
  • 年少
  • 年中
  • 年長
  • クラス便り
  • 未就園児クラスちゅうりっぷ
  • 未就園児クラスぴよぴよ
  • 未就園児クラスどんぐり
  • 入園説明会
  • 募集要項
このページのトップに戻る